介護職先輩社員

グループホーム「光風荘」介護支援専門員
藤田 彰英(ふじた あきひで)さん
2007年、大学生時代にアルバイトで入社。大学卒業後、常勤社員として働きながらケアマネージャーの資格を取得。

介護の現場で働きたいと
アルバイトから社員へ

大学時代、福祉の仕事を目指して勉強していた私は、福祉の現場を体験するために「光風荘」でアルバイトを始めました。もともとは社会福祉士を目指していたのですが、実際にグループホームの業務に携わる中で、介護の現場で働きたいと思うようになり、大学卒業後も「光風荘」に勤務しながら、ケアマネージャーの資格を取得しました。

日々の業務は、入居者の皆さんの生活支援やケアプラン作成、ご家族との連絡、職員のシフト管理などが中心となります。加えて、ホームで飼っているセラピー犬「みるく」の世話も大切な仕事ですね(笑)。

日々新たな視点で取り組みながら
自分自身の成長も目指せる

入居者同士が助け合って暮らすグループホームで、職員はあくまでも裏方であり、主役は入居者の皆さんです。ですから、私たちは「何かをしてあげる」というスタンスではなく、皆さんが安心して暮らせる環境を作っていくことが役目となります。

また、日常の生活支援では、求められることが日々違ってきます。昨日はこうだったから、今日もこうなるとは限りません。常に皆さんの反応を見ながら、何を求めているのかを察知し、その都度、臨機応変に対応する必要があります。

そうした意味で毎日・毎時が勉強であり、人生経験豊富な皆さんと接する中で、貴重な学びを得ることも少なくありません。マニュアルに従うルーティンワークではなく、常に新たな視点を持って取り組みながら、自分自身の成長も目指せる仕事だと思います。

本人の意思を尊重することで
リスクを克服したエピソード

昨年、お元気だった入居者の方が体調を崩され、身体機能がダウンしてターミナルケアに移るような状態となってしまいました。しかし、その方は「ここにいて、自分の足で歩きたい」と強く希望されました。転倒などのリスクを考えると、通常は歩行厳禁となるのですが、さまざまな観点から検討した結果、介助しながら少しずつ歩いてもらうことにしました。その後、その方は徐々に体調を持ち直し、今では介助なしで立ち上がって歩けるようになったんです! 日々様子を見守ってきた私たちにとって、リスクを超えたポジティブなアプローチと、ご本人の意思を尊重することの大切さを実感させられました。

勤務地 交通案内


  • JR中央線「三鷹」駅北口より、バス「武蔵小金井」行き、または「武蔵境」行きにご乗車いただき「第五小学校前」下車 徒歩3分
  • JR中央線「武蔵境」駅北口より、バス「三鷹」行きにご乗車いただき、「第五小学校前」下車 徒歩3分